天国と地獄

波動が極端に軽い状態というのは楽園のようなものです。
 
それは一見平和で幸せそうですが、楽園を受け入れるにはこの世的な欲望は諦めなくてはなりません。
 
“知恵の実”を食べてしまった人間には少々退屈だったりします。
 
 
逆に波動が重ければ、それだけ地獄に近づいていきます。
 
重くなればなるほど悪鬼や亡者が徘徊する世界に縁が深くなります。
 
しかしもし、そういうのと殴り合う元気があるのであれば、それはそれで刺激的で楽しいのかも知れません。
 
 
大切なのは”自分にとっての程々(ほどほど)”を見つけること。
 
他人と比べる必要はありません。
 
あなたの隣人はあなたよりも、
楽園の退屈さか、
地獄の殴り合いか、
いずれかが好きだったりするからです。
 
 
“人間らしさ”の基準は自分の中にあるのです^^