正しい自己認識とは

自分を正しく認識するっていうのは、自分を「超すごいやつ」と認識することです。
 
「実態を正しく把握する」は正しい自己認識ではありません。
 
 
「わたしはダメだ」と思えばダメになるし、
「わたしはすごい」と思えばすごくなる。
 
例えば、過去を振り返ってみても、
ある人から「頭いいよね」って言われた時から急激に頭が良くなったし、
「文章上手だよね」って言われた時から急激に上手になってったし。
 
両方ともコーチングをお勉強する前の話です。
 
ちなみに10代の頃は勉強は全然できなかったし、「何を伝えたいのかよくわからない」とか言われてました。
 
 
自己認識が能力を決めるわけです。
 
 
つまり、「実態とは関係なく自分を超すごいと認識すること」は機能的な意味で正しいってこと。
 
 
自分の評価は超甘々(あまあま)で良いのです^^
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です