アウトプットをする前に消化できてる?

「何かを学んだら(インプットしたら)アウトプットするのが大切」って考え方があって、それは全くもって同感なんだけど、
 
たまに見かけるのが、聞いたことをそのまま発信しちゃっているケース。
 
まあ、自分自身の思考の整理のための「公開ノート」として書いている場合もあるので、それを一概に否定するつもりはないんだけど、
 
 
情報発信者としてのコンテンツとして発信するなら、まずはその内容を自分なりに咀嚼した方が良いんじゃないかなぁって思うわけ。
 
それまでの経験と照らし合わせてどうなのか?とか、
自分で実践してみた結果どうだったのか?とか。
 
そしたら、学んだ内容に対して自分なりに実感が持てるじゃない?
 
 
そんなふうにして腑に落とせているからこそ人にも伝わるし、自分自身の理解も深まるんじゃないかな。
 
 
あなたの発信を読んでいる人は、「あなたが学んだ誰か」の言葉ではなく、「あなた自身の言葉」が聞きたいんだから、「あなた自身の言葉」で語ろうぜ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です