アナ雪に見る陰陽極性

「陰陽極性ってなんぞ?」
って方はこのブログのこの辺のカテゴリをご覧くださいませ^^
http://bit.ly/1OZnknd
 
 
陰陽極性を発見した当初は、純粋にエネルギーの違いだけで判別していたんですけど、どうもね、雰囲気とか性格的な部分でそれぞれ特性があるようです。
 
ざっくり言えば、
陽極は一人でもなんか楽しそう。
陰極は一人だとなんか寂しそう。
 
「楽しそう」「寂しそう」ってことで、本人がどう感じているかは別として、端から見るとそう見えるってことです。
 
 
んで先日、彼女ちゃんとアナ雪のPVをYoutubeで見ていた時に気がついたのが、アナとエルザがそれぞれ陰陽極性の典型であるってこと。
 
(もちろんフィクションなので、実際はエネルギーとかはないんですけど、その特徴が顕著に現れたキャラクター設定であるってことです)。

で、陰陽極性で言うと、
アナが陽極。エルザが陰極です。
 
PV見ればそのまんまなんですけど、
アナは一人ぼっちで「つまんなーい!」って言いつつなんか楽しそうにやってるし(笑)
エルザは「一人にして!」って言いつつなんか寂しそうだという。
 
なんかね、陰極の人は一人でいると不健康な感じがするんですよね。
 
 
んで、陽極の僕からすると、
アナとはどれだけ仲良くなってもお友達、
恋愛対象になるのはエルザの方です。
 
アナとは恋愛するイメージが全く湧かないの(笑)
(同極だと基本的にセクシャルな感情は生まれにくいです。感覚が潰れていなければ) 
 
 
ちなみに、山男のクリストフは陰極のイメージです。
彼も、一人でいるとなんか寂しそうでしょ?
 

(陰極が暗い印象、とも一概には言えなくって、明るくて社交的な人もいるんだけど、そういう人が一人でいると「寂し可愛い」感じになります。
陽極は一人でいても、なんか日向ぼっこしながら”るんるん♪”してるような雰囲気になります)

 
ってことで、フィクションであったとしても、なんとなく陰極陽極でカップリングされてたりするという話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です