脱・凡人宣言

こんにちは、「超次元コーチ」サトルンです^^
 
本来、「普通の人(凡人)」と「特別な人」っていう違いはありません。
 
「社会の常識」とか「(特定の分野ごとの)平均値」みたいなところでなんとなく「普通の人(凡人)」と「特別な人」の切り分けみたいなのはあるのかも知れないけど、
 
それっていうのはどっかの誰かが決めた基準なわけで、別に絶対的なものではないわけです。
 
 
もし、「普通の人(凡人)」と「特別な人」に分かれるのであれば、それは人それぞれ自分で自分の在り方を決めているだけに過ぎません
 
「普通の人(凡人)」を選べばそうなるし、「特別な人」を選べばそうなります。
 
 
そして、今まで「普通の人(凡人)」を選んで来た人も、「特別な人」になることを選んだ時点で「特別な人」の人生が始まります。
 
 
もちろん、「それまでに積み重ねて来たもの」の違いってのはあったりしますけど、別に他の「特別な人」と張り合う必要もないわけですし、むしろ張り合ってる時点でその分野の「普通」を基準にしているわけですから、そういうことをやってる人は「特別な人」ではないとも言えます。
 
 
どっかの誰かが決めた基準で勝負する必要はない(っていうかそもそも勝負する必要はない)ってこと。
 
さらに言えば、わざわざ「私は特別な存在になるぜ!」とか意気込む必要もなくって、単純に自分の過去も「社会の常識」とも関係なくやりたいことをやれば良いわけです。
 
そしたら、結果として「特別な人」になっちゃうんで。
(だって、誰の基準からも自由にやりたいことをやるわけだから、他にはない存在に自然となるわけです)
 
 
だから、何か新しいことにチャレンジする時に、
「でも、自分は凡人だから…」
 
とか尻込みする必要はないし、他の凄そうな人たちを見て萎縮する必要もないってこと。
 
 
そういう「どっかの誰かが決めて、みんなが信じている基準」から自由になることが「脱・普通の人」の第一歩であると言えます^^ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です