今の生き方が間違っていないかどうかを判別する方法。

今死んだとして、「無念」を感じるのか「後悔」を感じるのか、
 
ってのが、「今の生き方が自分にとって心から納得できるものかどうか」の一つの指針になると思う。
 
 
まあ、「満足」して死ねりゃ、それに越したことはないんだろうけど、
 
いつ、どんな風に死ぬかなんてわかったもんじゃないし。
(そもそもコーチングをやってる時点でゴールは常に更新し続けるわけだから、「これでもうOK」という意味での「満足」はそれこそ死ぬまで訪れないし)
 
 
もし、心から嬉しいことに向かっていれば、納得できる生き方をしているのであれば、死ぬ時に感じるのは「無念」だと思う。
 
「やりたいこと」に向かっていて、「やりたいけどやりきれてないこと」がいっぱいあるわけだから。
 
「もっとあれをやりたかった。これを体験したかった」
 
言ってみれば、未来に未練を残した状態なわけだけど、「前のめりな死」と言えるし、そう考えると悪くない気持ちなんじゃないだろうか?
 
 
もし、そんな風に生きていなければ、死ぬ時に感じるのは「後悔」だろう。
 
「もっとあれを”やっておけば”よかった。これを体験”しておけば”よかった」
 
それはつまり、過去に未練を残した状態。
 
自分が心から納得出来ない生き方をしていたら、誰かの言いなりで”アタマだけ”で生きていれば、きっと死ぬ時に感じるのは「後悔」なんだと思う。
 
 
 
今、ひょっこり死んだとして、「後悔」はないなぁと感じる。
めちゃめちゃ「無念」だけど。
 
「前のめり」に生きている限り、「(もうこれでOKっていう)満足」はありえないわけだから、
 
多分、「満足な生き方」が出来ているんだろうと思う。
 
 
まあ、実際に死んでみなきゃわかんないんだけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です